2006年12月27日

滿城盡帶黄金甲

クリスマス映画は2本見ましたが、最初に見たのはこれ!

滿城盡帶黄金甲
(Curse of the Golden Flower)
 
   
  _curseofthegoldenflower.jpg

監督:張藝謀
主演:周潤發、鞏俐、周杰倫と何でもこう書いてあるのだが、、
お願い加えてあげて 劉火華

と豪華メンバーにこの監督。素晴らしかったです。
周潤發に鞏俐、やっぱり全然違いますね。
本当の俳優、女優さんと言うのはこういう人なんでしょうね。

久々に大作を見ましたよ。いったい何人、映画に出演しているのやら。
休日料金で高いなと思われたHKD70だけど、これ以上の価値は
ありました。

セットや衣装の素晴らしさ、CGもイヤミの無い程度の取り入れ方で
良かったです。制作費も莫大なものらしいですが、是非奥斯カ狙って下さい。


物語は明朝時代のお話。

家族内のもめもめ事。
母親と大王子の近親相姦(血はつながってないのでこう呼ばないか)
不倫と言う解釈になっていたはず。そして亡くなったと言われていた
本当の母親の出現。

大王と皇后との争い。大王が愛したのはたった1人だけだったのか・・
病気に負けじ、とある目的の為ひたすら刺繍するする皇后=Sexy鞏俐


がく〜(落胆した顔)そんな大勢と戦って、おいおい助からないよ。。と突っ込みも
いれそうになったLast。結果はいかに???


それにしても、上手くてカッコいい俳優さんだと思われる劉火華
なぜ、いつもこんな役や情けない役なんでしょ。可哀想だわ・・
今度はもっとかっこいい役やって欲しい〜〜。

そして、Jay。新人クンで息子役でがんばっていると思えば
いいんだけど、このメンバーで演技にはきつかったかなと。
周りのメンバー、タダモノではない人ばかり・・
やっぱり今どきもの「イニシャルD」がよかったかも。

しかしこれ、発売中です。周杰倫「黄金甲」
このDVDは見ごたえあります!!是非。お勧め!!

  Jay.jpg

posted by mihk at 02:33| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(DVD)、ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

映画「堤防老千」Wise Guys Never Die

香港おバカ映画を久しぶりに見に行きました。
旧正月だけじゃなくて、こういう映画もたまには見なきゃね。

fp_wiseguysneverdie.gif

監督:王晶
主演:張家輝、王晶、陳[火韋]、陳苑淇


久々のこういう映画だけに始まる前はドキドキ。。
王晶まだこういう映画撮ってたのねえ。よかったわ。

わーい(嬉しい顔)懐かし〜い香港映画。そうよ、そうよ!こういう映画
だったのよ。最近はお金のかかった香港映画が当たり前なんだけど
忘れちゃいけないな、こういう映画も。

しかし、主役は張家輝のはずなんですけど、、
王晶出すぎ、しゃべりすぎ・・あなたが主役なの??
でもあまりにもぴったり合った役柄の為、逆に素晴らしいと
感心した。

そして、もちろんお色気シーンも有りで王晶嗜好満載!

ところでお話は、、
張家輝はまじめなサラリーマンだったが騙され、刑務所へ9ヶ月
入る。そこで知り合った老千、王晶に弟子入りする。

その後、刑務所から出所した2人は仕返しを企てる。
誰かが誰かに騙され、騙されている振りをし、誰と誰が仲間で・・
最後の最後にどんでん返し。。

これがちゃんと物語になっていて、起承転結がある。
こんな事、驚く事じゃないんだけど、ちゃんと出来ていた
お話でした。しかし〜張家輝のあまりにも可哀想なLast。

それなりの事をしていた訳なんだけど、、でも〜かなり残念。
もっとしっかりした役かワハハっと笑える役をやってほしいな。

ハハハと笑いたかったけれど、もっと落ち着いた映画でした。
posted by mihk at 01:23| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(DVD)、ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

映画「父子」

今月は他にも映画を見る予定ですので
このブログもちょっと復活予定。

映画「父子」After this our exile
 
 sy_afterthisourexile.jpg

英語タイトルの意味が判らなかったけれど、帰って調べる。
映画を見終わっているので、、んー納得です・・


今年の東京国際映画祭にも登場。そして台湾金馬奨では作品賞、
主演男優賞、助演男優賞も受賞した作品。


監督:譚家明 17年ぶりに手がけた映画らしい
出演:郭富城(アーロン・クオック)、楊采女尼(チャーリー・ヤン)
呉景滔(子役)

 tb_afterthisourexile01.jpg

ぴかぴか(新しい)良い映画でした。{これから、ネタバレ注意です}


公開映画の時間は2時間強だったけれど、(カットされているらしい)
それを感じさせない迫力のある映画でした。しかしゆっくり見る場面が
なく一生懸命見るので力が入り、正直ちょっと疲れた。

そして、物語の内容はと言うと、、詳しい説明はいらないでしょう。


罵倒や、わめきちらすシーンから始まる。

バクチ好きで借金を繰り返す男(アーロン)と回りの人々との関係
が展開していく。妻(実際には入籍しておらず)そして子供。
特に子供の目から見ると、次々といろいろな事が起こり変わっていく
環境。


また映像は古びたアジアのイメージを醸し出し、(マレーシアのよう
です)某日本映画監督風な撮り方?と思われるような所や何だかウオン
カーワイ風やら・・と思っていた。


そして。。帰って来てから、ネットで見ると
ウオンカーワイが尊敬する監督らしい。ほお〜なるほどね・・


アーロン・クォックもこのような役が似合うようになってきたん
ですね。でも、私はこのわめきすぎが、少々暑苦しかった。
ベットシーンもあって、大人向き映画です。

しかし、この子役の男の子。演技は上手いし可愛い+男前。
香港人じゃないような、、
かなり映画に、はまりましたよ。


一緒に見に行った友人はラストに不満あり。だったらしいの
ですが、私は好きかも。物語の内容はえっ!とちょっと思うけれど。
アーロンは自殺したと思っていたもので(かなりネタバレバレ)


10数年後に成人した子供が登場し、回想シーンになる。
走馬灯のように流れめぐる回想シーンではなく
断片的にそして強烈に過去の記憶が甦る、、そしてラスト。

ここも私がウオンカーワイ?と思った所の1つ。
フランス映画風?ともいえる、これからは自分で考えて下さい
パターンなのかしら・・
このラストがあって、特に強烈にインパクトに残る何かがあった
ような気がする。


話は変わって
実は見た映画館ではこれが一番人気。
Full、Full、Full・・・夜までいっぱいでしたね。

fp_flushedaway.gif
posted by mihk at 03:24| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(DVD)、ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。